フラゲ日に前作を振り返っておく

自分をどんなファンか分類するのは難しいのだけど、ひとつはっきり言えるのは”楽曲派ではない”ということ。
セクシーさんたちの楽曲は、音源だけの状態だとぼへーっと聞き流しておしまいということが多い。MV見たりテレビやライブで衣装を着て動いて歌っているのを見てはじめて"好きだな"とか"新しいな"とか"ピンとこないな"とか、一曲一曲に対して興味と感想が出てくる感じ。つまりセクシーさんたちの楽曲に対しては完全に視覚情報ありき。
そんな私がアルバム「XYZ=repainting」を買って一通り初聞きした時の感想は、いつも通りだなー、だった。

Aメロは勝利くん聡くんマリウスくん、Bメロが健人くんと風磨くん、サビはユニゾンで健人くんと風磨くんの声が大きめにミックスされている、というのがセクシーさんたちの基本的な歌の流れだと、個人的には捉えている。
サビを健人くんか風磨くんがソロで歌うパターンも多いし、シングルだと歌い出しが健人くんか風磨くん→その後にしょりそうマリ→ふまけんで歌い出しを担当しなかった方がサビ前→サビはユニゾンって感じだったりで、あてはまらない曲もいろいろあるんだけど。
Sexy Zoneは健人くんと風磨くんがメインボーカルという位置づけなので、曲も彼ら2人の歌声が映えるものが選ばれるし、この曲のキモはココです!というところを歌っているので、ぼんやり耳には同じような流れに聞こえている感じかなあ。
とにかくそういう意味での、"いつも通りだなー"。音源だけでは曲を右耳から左耳にざーっと流すような雑な聞き方するから、こんな雑な感想しか出てこない。

なのでライブのBDはかなり重要な位置付け。
ライブはライブで楽しいんだけど、いろんな角度から細かいとこまで見えるのは映像ならではの良さで、ここでこんなことしてたんだーとか何回も見返してから気づいたりもする。
(とは言いながら、ポニキャの編集はあまり感覚が合わないらしく、寄って欲しいところで引く、引いて欲しいところで寄る、なことが多くて割とストレスw)

アルバムに対しての最終的な感想もBDを見てから定まる感じなのだけど、「XYZ=repainting」に関しては「Fantasy~1秒の奇跡~」が一番気に入ったというか、刺さった曲になった。
ライブでは"Fantasy - Silver Moon - フィルター越しに見た空の青"っていう3連コンボで圧倒された感じだったけど、BD「SEXY ZONE repainting Tour 2018」で、曲終わりに勝利くんが「It's Fantasy」ってラストのフレーズを歌いながらレーザーの中に手を差し伸べる、そのシーンにやられた。
勝利くんの指先から肩に向かってレーザーの光がスーッと動くのをカメラが追ってる映像がクリティカルヒットした感じ。
曲だけ聞いた時は他の曲と同じようにするっと右から左に流れていったけど、まさに映像の力でこの曲に捕まえられた感じがする。

とぐだぐだ書いてるうちに、Sexy Zoneの新アルバム「PAGES」のフラゲ日ですよ。
ぼんやり耳にも届くような、いつも通りじゃない曲はあるかなあ。

  

 

  

 

勝利くん苫小牧へ飛ぶ

12/1に放送された「ナイツのちゃきちゃき大放送」に勝利くんがゲスト出演したんですが、これがまあめっちゃ楽しくって。
ナイツさんは勝利くんとマリウスくんにとって、冠特番で挑戦した漫才のお師匠さん。客前に出ることは慣れているけど漫才に関してはズブの素人をたったの3日間で笑点の舞台にあげるというかなり無茶なオファーを受けてくださった過去があるだけに、どういう感じでお話するんだろうってすごく楽しみにしてました。

なんというか、ナイツさんってつくづくプロ。
話芸のプロ。
毎週ゲストコーナーがあるから慣れていらっしゃるのもあると思うんですが、勝利くんからたくさんエピソード引き出してくれたし、勝利くんがちょこちょこ出してきたボケやドヤにはすかさずツッコミやフォローを入れたり、ちょっとボケて勝利くんにつっこませてくれたり、トークのおもてなしがあやれやこれや。
おかげさまで、30分が本当にあっという間でした。

勝利くん(とグループ)について最近の情報を事前に軽くさらってたっぽかったのも、ホストとしては当たり前なのかもしれないけど、すごく話しやすくなった一因だと思います。そのさらった情報からピックアップしたのが"女装"なのが、塙さん分かってらっしゃる。もしかして博子ちゃんの画像見たのかなあw

ナイツさんのラジオに出演しなければ聞けなかったか、もうちょっと時間が立ってからじゃないと自分からは話さなかっただろうと思われる、勝利くんの苫小牧行き。ナイツさんの漫才をわざわざ北海道の苫小牧まで行って見たのは、笑点を成功させたかったから、師匠に失礼だと思ったから、と理由も教えてくれましたけど、その中でも「生で見とかないと」っていうのがとても勝利くんらしいなと思うんです。
ライブや舞台をちょいちょい見に行ってたり、映画のロケ地を散歩してみたり、一人旅でビートルズの故郷であるリバプール行ったり、そういうこぼれ聞く断片からも薄々感じられてましたけど、体験してこそなんぼみたいなのが勝利くんの人生訓のひとつなんだなって思うんです。実際に触れてみてからじゃないと、身につきにくいタイプというか、天才肌ではないからこそ、そうやって自分の中に積み上げていってるんだなあというか。
前日に飛行機とって2時間前に現地入りして5枚ぐらいしかなかった当日券で見た、ナイツさんにも知らせずに行った(言ってくれればよかったのにーとおっしゃってたんで事前に連絡すればチケットおさえてくれたっぽい)ということから、急にぽっかり1日お休みができたんじゃないかと予想してるんですが、それで北海道に飛んでっちゃうのが、なんかもう尊敬。オフになったからナイツさんの漫才見に行けるーってなったわけでしょ。24時間テレビ前のあれこれ忙しい時期だったことを考えると、私だったら絶対家で寝てるw

個人的には勝利くんにナイツさん、というか土屋さんを引き合わせてくれた日テレには大感謝してるとこがあります。勝利くんが「ツッコミ」というものを強く意識し始めてから参考にしてたのはやっぱり西の芸人さんだったと思うんです。でも勝利くんのツッコミスタイルと、グループ内での立ち位置とか性格、それに声質なんかを考えると、西っぽい強めツッコミには正直向いてない。足りないか、やりすぎて空回る感じになっちゃう。
勢いや声の大きさも重要だけど、間や言葉の選び方重ね方でつっこむ方法もあるっていうのを体現しているのが土屋さんだと思うので、そんな方から直接教えてもらえたのは大きいんじゃないかな、と。
あと勝利くんって土屋さんや塙さんみたいなタイプの人好きだと思うので、そういう方々とお知り合いになれて良かったねというのもあります。

またナイツさんとご一緒できる機会があるといいな。もし実現するとしたら、できればレギュラーで長くお付き合いできる感じのやつでお願いします(強欲)。


さて、明日はいよいよSexy Zoneさん「カラクリだらけのテンダネス/すっぴんKISS」の発売日。かっこいいのとさわやかわいいのとのダブルAサイドシングルですよ。買いです、買い。


Sexy Zone 16thシングル「カラクリだらけのテンダネス / すっぴんKISS」60秒SPOT

 

 

 

秋色×ゆったり=もっさりの方程式

突然ですが勝利くん、とてつもなく似合わない色があります。
カーキなんですが。
春頃に宣伝で出たバラエティー番組にジャケットカーキ、シャツカーキ、パンツカーキ、っていう全身カーキで出演された時、あまりにも顔色がどす黒く見えて、ファンの間でざわざわっとしたものです。
勝利くんはもともと地黒ですが、そんなもんじゃない顔色の死にっぷりでした。
でもテレビで勝利くんの顔色が悪く見えたのってカーキだけじゃなくて、「よびすて」衣装の小豆色も顔が土色になっちゃってたし、「RTT」の茶のヒョウ柄ハイネック(+金のネックレス)もびみょーだったな。
なんというか勝利くんはくすみ系カラー、いわゆる秋色を着るとものすごく顔が暗く見えるタイプみたいで。
一瞬を切り取る雑誌ではライトの加減やら撮る角度やらレタッチやらがあるからどうとでもなるけど、テレビ(動画)になるとそういう補正がきかなくなるから、似合わない色ってここまではっきり分かるもんなんだなと、かえって関心するぐらい。
バラエティに出る時の衣装って番組側が用意するのか、出演者側で用意するのか仕組みはよく知らないんですが、とりあえず全身カーキを用意したスタイリストはセンス無さすぎ。というか勝利くんが衣装着た時点で、なんか似合わないなとか変だなとか思ったりしないんでしょうか。衣装をそれしか用意してなかったにしても、顔周りに白か黒挟むだけで、だいぶ顔映りは違ったと思ってます。

あと全身カーキとよびすての小豆色スーツ、顔色が死んでるだけじゃなくて雰囲気もものすごーくもっさりして見えるんですよ。RTTのヒョウ柄は顔映りは悪かったけど、全体の雰囲気はシュッとして見えてました。
で、何が違うかというと、カーキと小豆色スーツはゆったりシルエットで、RTTはぴったりシルエットなんです。
大前提として個人的な好みで男性のファッションはスリムシルエットが大好きっていうのはあるんですが、カーキと小豆色この2つの衣装については「勝利くんおじさんみたい」という呟きが割と見られたので、個人の好みを超えて似合ってなかったと思ってます。
RTTはヒョウ柄がインナーだけど、ジャケットは黒で細身、かつ金髪だったことが、茶色をねじ伏せた勝因かと。
去年の「ぎゅっと」もだぼっとシルエット着せられててもさっと見えたけど、色がオフホワイトで明るかったのと中のシャツが白だったので似合わなさが抑えられた感じ。9月のMステウルトラフェスの時にだぼだぼ上下で中が黄茶だったのは、もっさり感maxでした。「イノセントデイズ」のアー写もゆったり系だし、「すっぴんKISS」の衣装もだぼっとしてるので、もしかしたらメンズのトレンドがゆったり系で、それを取り入れてるだけなのかもしれないけど! (レディースはビッグシルエット人気だし)
色かシルエットどっちかが相性悪くなければ、RTTみたいにねじ伏せることもできるし、すっぴんKISSみたいにかわいくまとめることもできるんですよ!!
これからもリアルクローズ系の衣装多いと思うんで、ほんと担当スタイリストさんお願いします。。。

あと勝利くん自身はここ2年ぐらいルーズなシルエットが好きみたいで私服でよく着てますが、これがことごとく似合ってないw
着方がドがつくぐらい下手くそなのも相まって、正直ダサい。最近もYSLのお高いニットを殺してると評判になったんですが、あれ下が細身のパンツだったら全然違って見えると思うんですよね。あとは寒がりのくせに真冬以外サンダルのことが多くって、それが原因で全身のバランスも悪いし。
いい加減ぶっといパンツ似合わないこと気付いてくれないかなと思っていたら、今年に入ってからスキニーなパンツが好きだか買っているだかちらほら発言してたので期待してたんですが、相変わらずご愛用中のようですw

まあ何が言いたいかというと風磨くんと出た有吉ゼミの衣装は似合ってなかったし、初耳学の衣装は非常に良かった、ということと、non-noのブルーのマフラー最高でした。